長引く咳

長引く咳でお悩みの方へ

長引く咳

通常”せき”は風邪などとともに出現し、風邪が治ると”せき”も自然と治ります。
しかし、中にはなかなか治らない”せき”があり、長引く”せき”あるいは
慢性咳嗽(まんせいがいそう)といいます。

こんな咳でお悩みの方はご相談下さい

風邪を引いた後、咳だけが長引きやすい。
咳が2週間以上続いている。
夜中に咳で目が覚める。

咳喘息とは?

咳喘息とは、長引く咳の一番多い原因です。
気管支喘息の類縁疾患ですが、喘息に特徴的な”ヒューヒュー、ゼーゼー”という喘鳴を認めません。
咳喘息の30%は将来的に喘息に移行するとされていますが、治療法は喘息と同様です。
通常の咳止めでは改善しませんが、きちんと治療すれば咳を治めることが可能です。

長引く咳の原因とは?

長引く咳の原因は、患者さまによってさまざまです。

長引く咳の原因は、患者さまによってさまざまで、以下のような原因が考えられます。

  • ■ 喘息
    ■ 感冒(風邪)後の咳
    ■ 結核
    ■ 副鼻腔炎

  • ■ 咳喘息
    ■ 喉頭炎
    ■ 百日咳
    ■ 肺癌

  • ■ アレルギー性の咳
    ■ 気管支炎
    ■ 逆流性食道炎

診断方法

綿密な検査が必要です

長引く咳については、診断方法も特殊になってきます。

レントゲン、肺機能検査などをおこないますが、その場で診断することが困難な場合が少なくありません。

少しずつ原因を探っていきます。

原因を徐々に探っていきます

通常”せき”の出現する時間帯、”せき”の出るきっかけなどをもとに”せき”の原因の予想をたてて治療をおこないます。

もちろん、一度の投薬で”せき”が改善するとは限りませんが、薬が効かないというのも重要な情報となります。
薬の反応具合をみて、原因疾患の候補を徐々に絞りこんでいきます。

長引く咳の診療には、ある程度の通院が必要になってきます。
通院期間は長くても1ヶ月程度とお考え下さい。

メールフォームでのお問い合わせはこちら