院長挨拶・診療理念

ヒトは何故、診療所や病院に行くのか?
私が常に考えているテーマの一つです。

「病気だから」というのは本質ではありません。
なぜなら、少々体調が悪くても診療所に行かない方もみえるからです。

おそらく、直接の引き金は”不安”だから受診されるのでしょう。
『この症状や異常は放っておいても大丈夫なのか』
『いまは大丈夫でも将来悪くならないか』
『癌ではないのか』、『脳梗塞ではないのか』
などなど軽い症状でも気にしだすと不安は止まりません。

診察、検査、治療といった医療行為のプロフェッショナルとして
対応することはもちろんですが、竹内クリニックでは誠意ある対応を
心がけ、またできるだけ患者さまが質問しやすい雰囲気作りを目指しております。

その結果、皆さまの”不安”の解消にお役に立てればと考えております。

一人一人の患者さまに対して、
「この患者さまが私の家族ならどのように対応するのか?」
という自問自答を繰り返し、患者さまの将来的なこと、仕事、
日常生活も考慮して、診療にあたるよう心がけております。

もちろん、当院での診療には限界がある為、必要な場合は時期を逃さないよう、
他の医療機関さまへ紹介させていただいております。

これまで多くの患者さまを診させていただき、いろいろなことを経験し、学ばせていただきました。

それらの経験は自分の財産ではありますが、その財産を皆さまに還元し、またこれからも勉強させて
いただいて、より多くの患者さまのホームドクターとしてお役に立てればと考えております。

竹内クリニック院長

院長略歴

愛知県立岡崎高等学校卒業
藤田保健衛生大学医学部卒業
藤田保健衛生大学医学部 呼吸器内科・アレルギー科入局
国立病院機構相模原病院 アレルギー臨床研究センター研究員
藤田保健衛生大学医学部 呼吸器内科・アレルギー科講師

メールフォームでのお問い合わせはこちら